コンビニでも手続きできる

バイク

加入する必要性

自動車を公道上で走行させる場合には自賠責保険に加入することが義務付けられています。この自賠責保険は自動車賠償責任保険と呼ばれるもので、自動車保険会社のほか共済が提供しているものです。原付きを含めた公道上を走行する車両への加入が法律で義務付けられており、未加入の場合には罰則を受けることになります。罰則は未加入の場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金のほか道路交通法上の違反点数が6点です。この違反点数6点は免許停止処分または免許取消処分となる可能性のあるものであり、非常に重たいものです。このように必ず加入しなければならない自賠責保険ですが、その分手軽に入りやすくなっています。原付きの場合には、車検がありませんから自賠責保険を支払うタイミングが少ないため、加入を進めるためにもコンビニで加入できる保険会社もあります。こちらであれば、保険代理店に連絡することなく利用することができるメリットがあるので、気軽に加入できます。自賠責保険に加入すると原付きの場合には支払いを証明したシールをナンバープレートに貼らなければなりませんが、これらは後日に郵送で送られてきます。自賠責保険は固定料金ですので、どこで加入しても保険料は同じですので、任意保険とは異なり選ぶ必要性がなく原付きの場合には、これらを使って加入すれば手間なく行うことができますし、保険料の支払いもコンビニの窓口で出来るため気軽であるため人気があります。