定期的に行う

電卓

加入時のみは不十分

保険に入っておくと、万が一のトラブルが生じたとしてもお金に関する不安を減らせます。一家の大黒柱が亡くなればその家族は生活ができなくなります。路頭に迷うところですが、保険金を受けられればそのお金で生活ができます。保険に加入するときは、必要な保障があるかどうかと毎月の保険料が適正かどうかを知っておく必要があります。そのために行うこととして家計診断があります。他の支出との兼ね合いなどを考えながら決める必要があります。では保険に加入する上での家計診断は加入時のみ行えばよいかですが、まずは加入時に行います。つい保障を優先してしまいがちですが、払えない保険に入ると家計が火の車になり保険貧乏の状態になります。保障を確保しながらも、払える保険に加入をします。そして大事なのは定期的な見直しになります。必要な保障は常に変化していますが、あまり頻繁に見直すのは大変です。毎年する必要はありませんが、定期的に行うようにすればよいでしょう。保障の見直しをするときに家計診断も同時に行いましょう。収入の様子や家庭における支出の割合も生活によって変化します。かつては給料がどんどん上がる時代もありましたが、今は給料が上がらなかったり、失業などをすると収入が途絶えてしまうときもあります。家計診断をしておけば、収入に合わせた保険が選べるようになります。生命保険は子供の成長が成長するにつれて徐々に保障が少なくなりますから、保険料の負担を減らせるかもしれません。