子孫に財産を残すために

保険案内

必要となる知識

人は遅かれ早かれ亡くなってしまうのですが、その時に問題となるのが生前に蓄えた資産の行方です。日本には相続税という制度があるので、資産を多く蓄えていればいるほど多くの税金を納めることになります。子供や孫といった世代により多くの資産を残してやるためには、税金に対する知識をつけて節税対策をする必要があるのです。相続税の節税対策としてよく行われているのが一時払い終身保険の活用です。一般的な保険では月払いや年払いで保険料を支払うものですが、一時払い終身保険では一括で支払う点に特徴があります。分割して支払うことができないので、ある程度まとまったお金が自由になる人を対象とした商品と言えます。もちろん、一括で支払うので月払いや年払いよりもトータルで考えると割安です。一時払い終身保険には外貨建ての商品もあります。加入者が亡くなった場合には保険金が支払われることになります。このお金は加入者から相続したものではありませんが、みなし相続財産と呼ばれて相続税の課税対象とされています。このみなし相続財産には法定相続人1人につき500万円の非課税枠が設けられています。資産を直接相続した場合と比べて、非課税枠の分だけ節税対策となることもあって人気を集めているのです。また、加入者が支払っている生命保険料は税法によって所得控除が認められています。所得から支払った保険料を差し引いた金額が所得税の課税対象額となるので、この点でも節税対策となります。