節税する方法

相談

簡単にできます

生命保険は法人の加入目的としては退職金準備・経営者や役員の死亡退職金準備、さらには死亡時の企業の運転資金確保がありますが、最も強いニーズとしては節税対策があります。保険を活用した節税対策としては法人が契約者となり、役員や社長等の経営者が被保険者となり加入した場合に、商品によっては支払保険料が損金処理できるものです。商品は様々ありますが、大きくは3つに分かれます。1つは終身と呼ばれるもので支払った保険料はすべて資産計上となります。この場合には節税対策にはなりません。2つ目は定期や長期定期です。支払った保険料の半分が経費として損金処理できます。3つ目はすべてが損金処理できるタイプです。3つ目の商品を中心として加入するケースが多いですが、どの商品も途中で解約をすると解約返戻金が受け取れますので、その解約返戻金を様々な用途に使えます。つまり帳簿には出てこない簿外資産として活用する事が出来る点でメリットがあります。つまり内部留保を厚くする事が出来るので、企業防衛には効果があります。通常は利益が出ていれば税金を払いますが、加入する事でこの利益が圧縮できる事で、繰り延べ効果も高いといえます。また保険は決算の直前に加入しても節税対策の効果がありますので、手軽に節税対策を行える点でも活用するメリットがあります。このようにメリットは多分にありますが、解約時に受け取る解約返戻金を退職金や設備投資で活用すれば、計画的な節税対策が可能となりますので、この点からも企業にとっては利用価値があります。