節税する方法

相談

生命保険は法人の節税対策で加入をするケースも多く、メリットは多分にあります。1つは支払い保険料を損金処理できる点ですが、決算直前でも加入できる上、一定期間後に解約する事で解約返戻金が受け取れます。この資金を様々な用途に使えますが、損金で処理する事で内部留保を厚くし企業防衛にメリットがあります。

詳しく見る

コンビニでも手続きできる

バイク

原付きでも加入しなければならない保険が自賠責保険です。自賠責保険は法律で定められた強制保険であるため必ず加入しなければなりません。また料金は固定ですのでコンビニなどで取り扱っていることも多く気軽に加入することができます。

詳しく見る

安心して運転する

車

車の運転に大切な自動車保険は自分の運転にあったものを選ぶのが基本です。口コミをチェックすることで自動車保険加入の参考材料となります。自動車保険会社の勧めだけで保険に加入せず、いろんなタイプの保険があるので比較検討しましょう。

詳しく見る

定期的に行う

電卓

保険に加入するとき、必要な保障をつける必要もありますが、払える保険である必要もあります。払えるかどうかを知るのに大事になってくるのが家計診断です。収入と支出をチェックして、適切な保険料になっているかを考えます。

詳しく見る

子孫に財産を残すために

保険案内

日本にはいろいろな税金がありますが、多くの人が納税額を抑えるための節税対策を行っています。生命保険を活用している人も少なくありません。一時払い終身保険を活用した節税対策はまとまった資産を持っている人に人気です。

詳しく見る

家計の見直しと保険

主婦

家計に合う保険に入る

保険は万が一のときの補償として加入しておくものです。しかしその支払う金額となると、トータルでは人生において不動産の購入に次ぐほどにもなるといわれています。毎月定期的に支払う、あるいは引き落とされる金額なので、いったん保険に加入するとさほど大きな金額の契約をしているとは感じないかもしれません。しかしトータルのことを考えると見直しの効果は絶大だと言わざるを得ません。そこで家計診断を受けることで、家計における収入と保険の補償とのバランスを検討する機会を持ちましょう。保険のプロで、さらにお金のことをトータルで診るファイナンシャルプランナーなら、それぞれの方のライフプランに合った形での家計診断をしてくれます。年齢や家族構成、病歴などさまざまな要素によってリスクがありますので、それに合った保険の入り方があります。家計診断をしてもらうことでどの範囲まで保険で補うべきかを判断する大きな材料になります。ただ一方的に保険会社から商品を勧められるのではなく、家計診断ができていれば、家計やライフプランといった要素も含めて検討することができます。すでに加入している保険についても家計診断の観点から、果たしてこのまま補償を継続するべきか、比較的割高で見直しの余地があるのかどうかも指摘してもらえます。保険は万が一のときのものですから、家計に無駄のないように、それでいて安心できる範囲での加入をしておかなくてはなりません。